忍者ブログ
知ってるいるようで実はよく解らない。聞いたコトはあるけど、詳しくしならない。そんな身体に役に立つ情報を紹介していきます。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
特選健康情報
訪れてくれた人数
バーコード
アクセス解析
2018/12/11 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/06/04 (Mon)
がんの治療にはいろいろな方法があります。 それらの効果を比べるには、一般には、その治療を受けた人の何パーセントが5年後に生存しているか(5年生存率)で判断します。もちろん、もっと正確には、がんの種類(発生臓器)や進み具合(ステージ)をそろえて比較する必要があります。 がんは離れたところへ飛んでいく性質(転移)があります。転移したての小さながん巣は、どんな診断方法によってもとらえられませんし、当然 手術でも取り去ることは困難です。そのようながんが残った場合、一般のがん(例えば、胃がんや大腸がんなど)では術後の経過とともにしだいに増殖して致命的な結果となります。そして、5年目までには、その殆どが発症してしまい、それ以後に再発してくる例は稀です。ですから、皆さんは、「がんは手術して5年経てば治った」という話を聞いたことがあるでしょう。このことから、5年に達する率とは、つまり、「治る割合」を表しているともいえるわけです。もちろん、手術の後に補助療法(抗がん剤や放射線による治療)を追加する場合もあります。  がんの種類によって、これらの効果に差があるため、治ったといえる年数は前後に変化しますが、平均的な期間として5年が目安となっているわけです。 人気blogランキングへ
PR
2007/06/01 (Fri)
腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。 良性腫瘍は増殖が遅く局所的に細胞の塊を作りますが、外科的に完全に切除すれば再発することはありません。 逆に、悪性腫瘍は周囲の正常な細胞や組織をも破壊しながら異常な増殖を繰り返し、さらに血液やリンパ液にのって離れた臓器に飛んで行き、そこで新たな腫瘍を形成します。これを転移といいます。正常な組織を破壊し、他の臓器への転移・再発を繰り返しながら無限に増殖しつづけ、ついには宿主である人間を死にいたらしめるのです。 そして、初回に発見された部位とステージによって異なりますが、がんは時間が経過(進行)するに従って、生存率が下がるということが統計で証明されています。 人気blogランキングへ
2007/05/28 (Mon)
しかし、「抗がん剤」の強い「効果」を期待して、むやみにたくさんの量の「抗がん剤」を使うと副作用も非常に強くなります。それは、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えるためです。そのため、「抗がん剤」は「効果」と「副作用」のバランスを考えながら使うことが非常に重要になってきます。 また、「抗がん剤」を使うことによって、がん細胞をおさえることができたとしても、「副作用」で苦しむ期間が長ければ、患者さんに苦痛を与え、あまりよいこととは言えません。そこで、「抗がん剤」を使うときは生活の質(「QOL」クオリティQuality オブOf ライフLife)の改善を考えることが非常に重要になります。 人気blogランキングへ
2007/05/25 (Fri)
日本人に多いがんとして 胃がん、肺がん、そして肝臓がんがあげられます。 肝臓がんとは、肝臓に発生する悪性腫瘍のことですが、肝細胞がん、胆管細胞がん、肝芽腫などがあります。90%の症例は原発性の肝細胞がんであり、肝硬変の経過において発生することから、肝硬変にかかっている人の厳重な経過の観察と定期的な検査が必要です。とくにB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスのキャリアの慢性肝炎、肝硬変、アルコール過剰摂取が原因として重視され、肝臓がんの危険性がきわめて高いので注意が必要です。最近とくに問題となるのは、C型慢性肝炎です。 肝臓がんの90%は肝硬変からの進展ですから、一般的には自覚症状、他覚症状は進行した肝硬変の症状と同一であると考えてよいでしょう。つまり全身倦怠感、易疲労感、食欲不振、やせ、腹痛、微熱などのほかの病気でもみられる漠然とした症状がみられ、早期診断はきわめてむずかしいものです。進行すると肝腫大、腹水、黄疸、体重減少、さらには食道静脈瘤や胃・十二指腸潰瘍からの大量出血などが出現します。さらに進めば、やせが高度となり、腹部は膨隆します。がんが腹膜に転移して、転移性腹膜炎を起こせば、腹壁が全体として硬くなります。また、肝臓がんがリンパ節、肺、骨、副腎などにも転移しますので、リンパ節の腫大やせき、血痰、骨痛などもみられることがあります。 人気blogランキングへ
2007/05/24 (Thu)
胃がんは胃にできる上皮性悪性腫瘍です。年齢とともに罹患率が高くなる分化型腺がんと、若年女子にも多い未分化型腺がんに分類されます。胃がんのできる部位は、胃全体、上部、中部、下部がだいたい1:2:3:4の割合です。  がんによる死亡率は年々増加傾向にあり、昭和31年以降第1位です。しかし、これとは逆に胃がんの死亡率は年々減少の傾向にあり、がん全体の死亡に占める割合は男女とも低下してきています。ごく最近になり男性ではがんの死因の第1位は肺がんになりましたが、女性では依然として胃がんがもっとも多く、毎年5万人近くの人が胃がんにより死亡しています。年齢別では40歳から70歳に多く、60歳代にピークがあります。男女比は2:1の割合で男性に多く、若年者では女性に多い傾向があります。また、診断技術の進歩によって半数以上の方が早期胃がんで発見され、よく治るがんになってきました。 人気blogランキングへ
2007/05/22 (Tue)
肺から発生する腫瘍のうちで、悪性のものが「肺がん」です。  肺に発生したがんを「原発性肺がん」といい、他の内臓に発生した悪性腫瘍が肺に転移したものは、「転移性肺腫瘍」または「転移性肺がん」といいます。 原因は不明ですが、喫煙、大気汚染、遺伝素因、肺結核、じん肺などと肺がんは関係が深いのです。喫煙者は非喫煙者の4~5倍も肺がんで死亡する人が多いのです。1日当たりのタバコの本数が多いほど、煙を深く吸い込むほど、フィルターなしのたばこを吸うほど、肺がんになる可能性が大きくなります。肺がんは早期発見が難しく、死亡率が高いです。  わが国においては、男性肺がんの75%、女性肺がんの15%が喫煙が原因であるので、仮に喫煙者が全くいなくなったとすると、肺がんの発生は男性で75%、女性で15%減少します。 人気blogランキングへ
2007/05/21 (Mon)
癌は初めのうちは小さな細胞のかたまりで、特に症状はありません。大腸の内側のような広い空間がある部位に癌ができると、かなり大きくなるまで自覚症状がまったくないこともあります。一方、もっとスペースの限られた部位、たとえば声帯などでは、癌が比較的小さいうちから声のかすれなどの症状が出てくることがあります。 症状が生じる原因としては、癌の増殖と浸潤による組織への刺激や破壊、癌による他の組織への圧迫、癌がつくる毒性物質の作用、本来は他の身体機能に必要なエネルギーや栄養分を癌が消費してしまうことなどが挙げられます。癌が転移すると、最初にできた原発部位で増殖していたときにみられた一連の症状とは違った、別の症状が現れることがあります。 癌が増殖し全身各所に広がると、さまざまな合併症が出てきます。中には緊急治療が必要となる重大な合併症もあります。腫瘍随伴症候群と呼ばれる一連の合併症は、癌が生成した物質が全身に広がって起こるものです。 人気blogランキングへ
忍者ブログ [PR]