忍者ブログ
知ってるいるようで実はよく解らない。聞いたコトはあるけど、詳しくしならない。そんな身体に役に立つ情報を紹介していきます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
特選健康情報
訪れてくれた人数
バーコード
アクセス解析
[76] [75] [74] [100] [99] [98] [95] [94] [97] [96] [93]
2017/11/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/06 (Thu)
高血圧を誘発するのにストレスや肥満があります。それを無理なく解消させるのが軽い運動です。 しかし高血圧の方に向いている運動もあれば向かない運動もあります。 慢性的に血圧か高い方は動脈硬化の進行も考えられるため医師に相談の上、運動メニューを考えてもらうのも一つの選択肢と言えます。 ここではなぜ運動が高血圧の改善に役立つのかを3つの要点を説明いたします。 日ごろ使わない筋肉は運動により刺激を与えると代謝が促進され体内の酸素消費量が増えていきます。 それに伴い血液循環が活発となり血液を余分に分配するため血管が拡張されます。 その結果血管の抵抗が少なくなって血圧が下がっていきます。 血圧を上げる要因の一つにストレスがあります。 ストレスを解消させるためには適度な運動が最適と言われているのは運動をする事によって気分転換になるためです。 ストレスを溜め緊張状態が続くと脳からアドレナリンが分泌され交感神経が緊張し血圧が亢進(上昇)していきます。 逆に気分転換によりストレスを溜めない生活では副交感神経が刺激され血圧は低下していきます。 ストレスを溜めないことが血圧を上げない要因の一つです。 全身を動かす軽い運動(ジョギング・はや歩き・水泳)は有酸素運動となります。 有酸素運動は脂肪の燃焼に効果があり減量につながります。 その結果として血圧は低下して行きます。 また運動をする事により血管内で血管を弛緩させる一酸化窒素(NO)が自然発生します。 一酸化窒素(NO)が血管を弛緩させ血圧をコントロールしていることが最近の研究でも明らかになっています。 高血圧の方に向いている運動(ダイナミクスエクササイズ:動的運動) 散歩・はや歩き・水泳・ジョギングなどの全身に負荷をかけない運動 全身を動かすことで、なだらかに心拍数も上がり有酸素運動になります。 高血圧の方に向いていない運動(スタティックエクササイズ:静的運動) 腕立て伏せ・けんすい・重量挙げ・腹筋運動などの負荷をかける(力を込める)運動 急激に血圧が上げるため脳血管や心臓に負担をかけてしまう。高血圧の方には危険です。 人気blogランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
心拍数とは:ダイエット成功のためには脂肪を落とさなく...
ダイエット成功のためには脂肪を落とさなくてはいけません。その脂肪を落とすために、一番有効な方法は有酸素運動です。有酸素運動の基礎となるのは、心拍数です。この心拍数が定めた値になるかが勝負となる。つまりダイエット成功のためには脂肪燃焼に最適な目...
URL 2007/10/22(Mon)19:26:46
忍者ブログ [PR]