忍者ブログ
知ってるいるようで実はよく解らない。聞いたコトはあるけど、詳しくしならない。そんな身体に役に立つ情報を紹介していきます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
特選健康情報
訪れてくれた人数
バーコード
アクセス解析
2017/11/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/08/03 (Fri)
更年期障害は、自立神経に影響をおよぼすため、体の調節、精神の安定を保つことが出来なくなります。そのため、症状は軽いものから重いもの、体に関わる事から精神に関わる事まで、症状が幅広い事が特徴です。主な体の症状としては、ほてり、のぼせ、発汗、動機、息切れ、冷え、むくみ、精神的な症状としては不安、不眠、いらいら、憂鬱、うつ状態などです。 その他、運動器官、消化器官、泌尿器、生殖器、知覚系、皮膚系、の諸症状など、その症状は様々である。また、エストロゲン低下により骨粗鬆症,高脂血症,動脈硬化などの病になりやすくなります。 お役に立ったらクリックを 人気blogランキングへ
PR
2007/08/02 (Thu)
女性の閉経に伴い、その前後10年間みられる症状のことをいいます。女性なら誰でも閉経を迎えるわけですから、必ず迎えるものでもあり、病気という訳ではありません。ただ、症状の個人差が大きいため、人によっては専門的な処置が必要になることもあります。原因は、女性ホルモンと体のバランスが乱れることにあります。閉経に伴い、生殖機能が衰え始めた卵巣では、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が衰えます。

お役に立ったらクリックを
人気blogランキングへ
2006/08/07 (Mon)
更年期障害の症状は、上記とおり多岐にわたります。そのため、他の病気の症状を更年期障害だと勘違いしてしまうこともあります。更年期障害の症状が出たら、それが他の病気でないかを診察してもらう事も大切だといわれています。更年期障害は避けてとおることの出来ないものですから、薬に頼る以外に、上手に付き合うことも大切です。薬では、 お役に立ったらクリックを 人気blogランキングへ
忍者ブログ [PR]