忍者ブログ
知ってるいるようで実はよく解らない。聞いたコトはあるけど、詳しくしならない。そんな身体に役に立つ情報を紹介していきます。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
特選健康情報
訪れてくれた人数
バーコード
アクセス解析
[195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185]
2018/11/21 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/06/19 (Tue)
目の表面の細胞は、主に空気中から酸素を取り入れて呼吸をしています。コンタクトレンズは目にとってみればいわば異物です。その異物を目の表面に装着した状態では、細胞が酸欠に陥ったり、目の表面が傷ついたり、さらにはその傷に細菌などが付着して繁殖してしまうなどの様々な障害を引き起こす可能性があります。  コンタクトレンズによる目の障害の多くは、角膜の表面に細かい傷ができる程度の点状表層角膜炎です。この場合、ほとんどは点眼治療により回復しますが、これを繰り返すと角膜に濁りができてしまったり、結膜(白目の表面を覆う半透明な膜)から角膜(いわゆる黒目)に向かって血管が入り込んでくるなどの障害が現れることがあります。また、その傷に細菌や真菌(病原性を有するカビ)が付着して繁殖すると、感染性角膜炎や角膜潰瘍を引き起こします。そうなると治療によって治癒したとしても視力障害を残すことがあります。その他、コンタクトレンズによってアレルギー性結膜炎が発生したり悪化したりすることもあります。 人気blogランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]