忍者ブログ
知ってるいるようで実はよく解らない。聞いたコトはあるけど、詳しくしならない。そんな身体に役に立つ情報を紹介していきます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
特選健康情報
訪れてくれた人数
バーコード
アクセス解析
[179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169]
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/05/15 (Tue)
CT検査でもMRI検査でも、病気の箇所を詳しく観るために造影剤を投与する場合があります。ここでは、造影剤について紹介します。  造影剤とは平たく言えば、体中の臓器の形や病変をより鮮明に見やすくするための薬です。皆さんの良く知っている検診の胃の透視検査で、あの白くてマズいバリウムを飲みますが、これは消化管(胃腸)用の造影剤です。CTやMRIで用いる造影剤は、主に注射で血管に注入するタイプが主流です。点滴のようにゆっくり体の中に入るものと違って、機械や人の力で注射器に圧力を加え注入します。造影剤が体内に行き渡ると体中が熱くなることがあります。
摂取後2日以内に成分はほぼ体内から排出されます。 人気blogランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]